Masako Takahashi Profile

高橋雅子/ホスピタルアーティスト

2B3A9437 (2).JPG

米国州立Western Michigan University 芸術学部卒​。

アメリカ現代美術のギャラリーを経て、美術館Petit Museeのシニアキュレーターに。

美術展覧会の企画やワークショップ、美術館運営に携る。

独立後、1999年にWonder Art Production、2004年にHospital Art Labを設立。

展覧会オーガナイザーとして国公立美術館における美術展の企画や、美術教育プログラムに専心する。

2004年から知的障がい者施設でのアート活動を開始。海外のホスピタルアート事情を調査し、

患者さんが主体となる独自のホスピタルアート活動を全国と世界の病院で展開する。

代表的プロジェクトである“Happy Doll Project” で

「2013年度子どもたちのこころを育む活動優秀賞」受賞(公益財団法人パナソニック教育財団)。

2011年3月、東日本大震災の緊急支援チームARTS for HOPEを発足。

岩手・宮城・福島・熊本の各地で1300日を超える活動を行う。

2016年、障がいの有無を超えた子どもたちのアトリエ「ワンダーアートスタジオ」を

仙台にオープン。

2018 年、​森美術館で開催された『カタストロフィと美術のちから』展に

世界40組のアーティストの1人に選出され、被災地で取り組み続けてきたアートによる挑戦を

インスタレーションで提示した。

2020年、震災から10年を機に東北へ根付くことを決意し、本拠地を東京から移転。

​アートでなにができるか?ではなく、
アートでなにをするか!である。